記事一覧

熱海散策②熱海駅前の足湯「家康の湯」

□□令和元年9月26日(木)
 (伊豆大島単身赴任 907日目)

今日もお立ち寄りいただきありがとうございます (^^♪

しばらくの間は、静岡県熱海市を散策した様子を掲載します
第2回目の今回は、熱海駅前足湯「家康の湯」を利用した様子を紹介します


スーパービュー踊り子号の展望席乗車体験につきましては、熱海の街を散策した様子をしばらく掲載してから紹介したいと思いますm(_ _)m

念願の251系最前列の指定席が取れた踊り子号の発車時刻は17時26分です
それまでの約6時間をどのように過ごすか決めていませんでした
熱海の街を散策すると言っても予備知識がほとんどありません (^^ゞ

そこで、とりあえず熱海駅前にある足湯に足だけ浸かりながら考え、そして検索してみることにしました


▽ 熱海駅前の足湯「家康の湯」
npa11IMG_3544.jpg

npa12IMG_3550.jpg

熱海駅前に足湯があることは知っていましたが、まだ利用したことがありません
平成16年の徳川家康来熱400年記念事業として設置された足湯とのこと
というわけで足湯の名前は家康の湯
もちろん天然温泉です


▽ 最初は少々熱めに感じる足湯でした
npa13IMG_3547.jpg

オッサンの汚い足の写真を掲載しまして大変失礼いたします (^^ゞ
駅前にある足湯ということもあり大勢の観光客が利用していました
空いていたのは温泉を流している一番上流のところだけでした

さっそく足を入れてみると結構熱く感じます (・・;)
それでも慣れてくると丁度良い湯加減です

じっくり温まりながら熱海散策ルートを検索しました


☆ オリジナルタオルの自動販売機がありました
npa14IMG_8903.jpg

足湯のすぐ近くにはオリジナルタオルの自動販売機が設置されていました
販売価格も100円とリーズナブルなお値段です
そんなこととはつゆ知らず、駅ビルに100均が入っていることを知っていたりしたもので108円でタオルを買ってきてしまいました (^^ゞ


☆ 泉質
npa15IMG_8904.jpg

家康の湯の泉質は、ナトリウム・カルシウム-塩化物
効能は、神経痛・筋肉痛・関節痛・打ち身・慢性消化器病・冷え性・疲労回復・切り傷・火傷など
温度は、約41度だそうですが体感的にはもう少し高いと思いました

利用料金はかかりません
無料です

利用時間は9時00分から16時00分まで
利用時間終了後は毎日お湯を抜いて清掃をするそうです
しかも年中無休

熱海駅を利用する際、時間があれば是非また利用してみたい足湯でした



さてさて、散策ルートもあらかた目星が付いたので行動開始といたしましょう!




最後までお付き合いいただきありがとうございました (^^)




関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬぱぱ

Author:ぬぱぱ
ようこそ!『ぬぱぱの父島単身赴任ブログ』へ
伊豆大島での3年間の単身赴任生活を終え、令和2年4月から小笠原村の父島での単身赴任生活が始まります
父島の魅力を少しでもお伝えできればと思います

御訪問数