記事一覧

コバンザメが釣れました

□□令和2年9月5日(土)
 (父島単身赴任 158日目)

今日もお立ち寄りいただきありがとうございます (^^)


今回は釣の話題です
と、申しましても私ではなく娘が釣ってきたコバンザメの話題です

伊豆大島時代、娘が来るたびに一緒に釣をしていました
小笠原に来てからも何度か釣をしました
最近、釣が好きになったようです
私を釣りに誘うようになりましたし、ちょっと釣ってくると言って自発的に釣に出掛けるようにもなってきました (^^ゞ

この日は親子別行動
娘は島のお友達と釣に出掛けていきました
私も誘われましたが、釣を負担に思うほど体調が優れなかったのでウエザーステーション展望台でのんびり絶景に癒されることにしました

そして夕方になって嬉しそうに帰ってきました

▽ 釣ったコバンザメの吸盤を試してにっこりする娘
npa10_020905_IMG_8575.jpg

コバンザメが釣れたヨ♪

黒くてうなぎのような魚を持って帰ってきました
私も釣ったことがなく初めて至近距離でコバンザメを見ました
釣った場所は、父島二見漁港のとびうお桟橋付近
島民の生活圏でコバンザメが釣れてしまうのは驚きです
そうは言っても、とびうお桟橋にはネムリブカエイが普通に泳いでいるので、コバンザメが居てもおかしくありません

▽ コバンザメ
npa11_020905_IMG_6926.jpg
コバンザメは、サメではなくスズキ目スズキ亜目コバンザメ科コバンザメ属の魚です

頭の上の吸盤は背びれが変化してできたもの
見事に小判のような形をしています
この吸盤でサメカジキイルカカメに吸い付き、その魚が食べたおこぼれを食べて暮らしています

▽ コバンザメの煮付け
npa12_020905_IMG_6934.jpg
せっかく娘が釣ってきた珍しい魚ですから有難くいただくことにしました
もっと大きいコバンザメなら脂が乗っていてお刺身が美味しいらしいです
ところが、40cmほどの小振りなサイズでしたので煮付けにしていただくことにしました

皮は厚みがありぷるるんとしていました
コラーゲンがたっぷり含まれていそうです
小骨が多い魚でしたが、煮ても身が硬くなるようなことはなく適度な食感
味もそこそこ美味しい魚でした


海の恵みに感謝します (^^♪

ごちそうさまでした (^^)



以上で、娘が釣ったコバンザメの紹介をおしまいにします



最後までお付き合いいただきありがとうございました (^^)


関連記事

コメント

No title

最近アニメの影響か女子の間で釣りが流行っているようですね。
何気に娘さんのTシャツおが丸(笑

こんばんは

みもみんさん

コメントをいただきありがとうございました
釣を題材にしたアニメがあるんですか!
お詳しいですね(^^)
娘のTシャツは仰るとおり"おが丸"です
初めて乗船した船内で買い喜んで着ています
乗物好きが遺伝したのでしょうか(^^ゞ

これは珍味!

こんばんは。
コバンザメの煮つけを食べた日本人は、ぬぱぱさんを含めて、10人といないのではないでしょうか。島レモンを絞り込んだ甲類焼酎が、さぞ美味しかったのではと想像します。
遅くなりましたが、島レモンとお酒のブログを楽しく読ませていただきました。
何年ぶりかでアルコールを飲まれて、お顔が真っ赤になったとの事、ぬぱぱさんも私と同じで、元々そんなにお酒が強い体質ではなく、飲み続けているうちに、酒量が増えたタイプかと思います。
実は、私も缶ビール1本で顔が真っ赤になります。こういう体質の人は、強いお酒を飲むと、食道癌や胃癌になりやすく、肝機能障害も起こしやすいと医者に言われています。気をつけなくてはと思うのですが、夕方ともなると、ソワソワしてしまいます。
それにしても、島レモンと焼酎のコラボは、美味しそうでした。

こんばんは

オッカイポさん

いつもコメントをいただきありがとうございます
コバンザメの煮つけはレアですか(^^ゞ
初めて釣った魚は、出来ればお刺身でいただきたいところですが、小笠原に来てからは煮つけかソテーしていただくことが多くなっています
コバンザメは余り流通する魚ではありませんが漁師さんの間ではお刺身が美味しいと評判のようです
煮付けですが、本文にも書きましたとおり美味しかったですよ!
余った煮つけは、コバンザメの炊き込みご飯にして残さずいただきました
更にレアですね(^^ゞ

また、島レモンにつきましてもお言葉を頂戴しましてありがとうございました(^^)
オッカイポさんと同じ体質ですね
いろいろと共通点があり奇遇ですが引き続きよろしくお願いします
ところで、私たちのような体質の人間が強いお酒を飲むとそんな恐ろしいことになるんですか(-_-)
知りませんでした
ブラックニッカを年間50本、10年以上飲み続けてしまいました
そんなことをしているから飲めなくなってしまったのかもしれません(^^ゞ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬぱぱ

Author:ぬぱぱ
伊豆大島単身赴任を終え令和2年4月から父島での単身赴任生活が始まりました
ところが、先日娘が父島に移住し父と娘の不思議な父島暮らしとなりました(^^ゞ
そんな変化がありましたが引き続き父島の魅力を少しでもお伝えできればと思います(^^)

御訪問数